テレビジョンは状況である -劇的テレビマンユニオン史-

著者:重延浩

日本初の独立テレビプロダクション・テレビマンユニオンのディレクター、プロデューサー、経営者として、斬新な番組を次々と制作してテレビ表現の可能性を切り拓き、今なお創造活動を続ける著者が、自らの体験を踏まえてテレビ60年史を解読。ネット時代にテレビの衰退が叫ばれる中、新次元のテレビ論を語る。テレビマンユニオンというユニークな組織がどのように時代状況に対応し、難題を乗り越えてきたのか、その経営哲学もあわせて語る。


Amazonでの購入はこちら

top