情熱大陸×熊川哲也 プレミアム・エディション

情熱大陸×熊川哲也 プレミアム・エディション

【ストーリー】
情熱大陸が初めて彼に出会ったのは1998年。「バレエは俺にとって(強く見せるための)鎧だから・・」と語る26歳は当時から既に世界的なトップダンサーだった。15歳で渡英し17歳で名門バレエ団に。史上最年少でソリストに昇格し、21歳で最高峰のプリンシパルになった。自らの出世ぶりを「崖から崩れ落ちるように登っていった」と感じてもいた。
あの頃から12年―。今、自らが創設したKバレエカンパニーのダンサー兼芸術監督として、総勢100名を抱える経営者となった熊川に再びカメラを向ける。曰く 「後輩に道を譲る準備も覚悟も出来ている。でもまだまだ。俺よりチケット売ってみろ!と本気で思ってる」。ビックマウスは健在の38歳。そんなアラフォー男の『今だからこそ語れる本音』もお楽しみに・・。
情熱大陸600回記念シリーズでの2010年12月5日放送のディレクター再編集版(33分)に加え、1998年8月30日の放送から貴重な映像を一部収録、そして未公開映像を特典ディスクに収録した、
プレミアム・エディション!

【特典】
特典映像(予定)
●熊川哲也、かく語りき。
●1998年の熊川哲也-情熱大陸#21ダイジェスト-
●熊川哲也、踊る。

■製作:2011年 日本 ■Disc枚数:2枚
■音声:日本語 ■画面サイズ: 16:9
■収録時間:本編:33分 特典:約40分

公式ホームページはこちら

演出

松葉直彦