勝負の瞬間 アスリート×二宮清純 2011年9~10月放送分

勝負の瞬間 アスリート×二宮清純 2011年9~10月放送分

 再放送のお知らせ

 9月24日(土)19:00~19:54 寺川綾編
 10月9日(日)13:00~13:55 内山高志編

 暑い高崎で買った手の平サイズの小さなダルマを、自宅のテ-ブルの上でいじる。
 
 今年の夏は、サッカー好きにとって忘れられない夏になった。サッカー女子日本代表がW杯で優勝を果たした。大会に出場する前に、ドイツのリーグで活躍する安藤梢選手に話を聞く機会があった。W杯での具体的な目標は何かと聞くと、「優勝です。」と私の目をまっすぐ見つめて彼女は答えた。安藤選手は、高校二年生で日本代表としてデビュー。W杯にも出場した。そこで知ったのは世界レベルのサッカー。その後、日本人として初めてドイツのリーグに移籍。彼女曰く「練習中にユニホームを破かれたり、蹴られて血を流したりしながら皆ふつうにやっている。」という環境で自分を鍛えてきた。そう、本気で優勝するために準備をしてきていたのだ。女子W杯がはじまる前、日本人のほとんどは女子サッカーに対して興味が薄かった。しかし選手たちは知っていた。女子サッカーの環境を変えるには自分たちが活躍するしかないと。W杯での優勝は、彼女たちにとって狙って勝ち取った優勝だったのだ。美しく素晴らしい勝利だった。

 忘れられない理由がもうひとつ。松田直樹選手が亡くなった。
サッカーは90分間という試合の中で己の生き様を見せるスポーツだと私は思う。私は、松田選手に会ったことも話したこともない。ただサッカーを通して見えた彼の生き様が好きだった。
 またダルマをいじる。七転び八起き。指ではじくとゆらゆら揺れて倒れそうになるが、たしかに起き上がる。

※これまでに出演して頂いたアスリートの言葉をまとめた番組本『「世界で戦う日本の突破力」 BS朝日「勝負の瞬間」編』が角川マーケティングより好評発売中。 本の情報はこちら

番組ホームページはこちら

出演

二宮清純

ナレーション

遠藤憲一

ディレクター

濱上清一郎
大島明

AD

山田督人

撮影

丸山純
中島博道
長谷部雅治
宮島寿実

VE

楠敬昭

照明

高橋勇

音響効果

佐藤新之介

音楽プロデューサー

友野久夫

企画

重延浩

プロデューサー

渡辺誠
牧有太