MUSIC音楽事業部

音楽事業部

 テレビマンユニオンは、ヘルベルト・フォン・カラヤン、朝比奈隆、小澤征爾のドキュメンタリーや「オーケストラがやって来た」など、多くの音楽番組を手がけてきました。その経験を礎に、1986年サントリーホール・オープニングシリーズをプロデュース。以後1987年から十余年にわたりカザルスホールの主催公演の企画と制作を担当、舞台制作にも参加するようになりました。
 制作会社ならではの自由な発想をもとに、レギュラー企画、海外演奏家の招聘、アーティスト・マネジメント、公演マネジメント、公演プロデュース、さらには、オペラDVD&メイキング制作、式典音楽プロデュース(1998年長野冬季オリンピック、2001年秋田ワールドゲームス、2003年全国植樹祭)など、「音楽」を基点にあらゆるジャンルの企画・制作業務を行っています。

(公式HPリニューアルしました。2012年3月)

公式ホームページはこちら

ベートーヴェンのその先へ 【NEW】

学校の音楽室、その壁に飾られている肖像画のなかでひときわ目立つ、モジャモジャ頭の作曲家—ベートーヴェンという名前を聞けば、その気難しそうな顔が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

大作曲家として後世に名を残している彼ですが、難聴という音楽家にとって致命的ともいえる持病をもち、自殺を図るなど、その生涯は決して平坦なものではありませんでした。晩年はほとんど聴覚を失いながらも死の直前まで数多くの楽曲を世に生み出し、ピアノ、オーケストラ(交響曲)、弦楽四重奏など、様々な編成に向けて書かれたその作品たちは200年以上経った今も多くの音楽家に愛され、演奏されています(テレビマンユニオン音楽事業部はこれまでに弦楽四重奏団育成プログラム「プロジェクトQ」でベートーヴェンの弦楽四重奏曲を題材に公演を重ねています)。

…さて、前置きが長くなりましたがここからが今回のお知らせです。このたび所属ピアニストの長富彩がベートーヴェンの作品によるCDをレコーディング、今年11月のリリースが決定致しました!(12月2日になりました。)

本人が「いつか録音したい」と以前から願っていたベートーヴェンの作品集。特に晩年の作品については「その精神性や作品の内容を本当の意味で消化して表現できるようになるまでには、当時の彼の年齢までかかるのかもしれないと考えていました。」と語るほどに録音へのハードルは高いものでした。長富にとって30歳を迎え、オーケストラとの共演を行うなど演奏活動においても節目となる今年、「これまでの演奏活動を振り返る意味でベートーヴェンと向き合い、それを記録することを決意しました。自分らしさ、ではなくベートーヴェンが描いた音楽を再現出来れば嬉しい。」と録音に向けて決意を固めたのでした。
レコーディングに向けて10年ぶりの渡欧を敢行、留学時代の恩師の元で研鑽を積み、ベートーヴェンゆかりの地を実際に訪ねるなど、今まで以上に作曲家の意図を読み取ることに注意を向けて録音に臨んだ今回。日本コロムビア黄金時代の名エンジニア岡田氏、長富の過去作品にも参加、本人も全幅の信頼を寄せるディレクター國崎氏、ピアノの提供、調律、そしてレコーディングに関するまでフォローしてくださったタカギクラヴィアの高木氏ほか素晴らしいメンバーのバックアップのもと、レコーディングは驚く程スムーズに終了。「これまでに私が育んで来たもの、これから目指したいもの、どちらも音に落とし込めました。」と本人も納得の仕上がりとなりました。
世の中に数あるベートーヴェンの録音の中でもまた新たな名演が生まれたと確信しています。ピアニスト長富彩の新たなる一歩を、ぜひお聴きください。
(桑原 渉)2016年9月

♪♪長富 彩 plays ベートーヴェン
収録曲:ピアノソナタ 第8番 「悲愴」
    創作主題による32の変奏曲 ピアノソナタ 第30番
    2016年12月2日(水)テレビマンユニオンよりリリース

第4回東京国際ヴィオラコンクール

ヴィオラスペース2018 vol.27
第4回東京国際ヴィオラコンクール
開催期間:2018年5月26日(土)~2018年6月3日(日)
会場:上野学園 石橋メモリアルホール

♪♪詳細は下記のヴィオラコンクール公式HPをご覧下さい。

公式ホームページはこちら

村治奏一 新譜情報CD

村治奏一(ギター)
 Off the Record〜7つの小品たち

発売日:2016年10月13日
テレビマンユニオンレーベル【製品番号TVU-S-5-003】

♪♪詳細は下記のページでご覧ください。

公式ホームページはこちら

三浦一馬 新譜情報DVD

KAZUMA MIURA QUINTET Live in Tokyo [DVD]
     2012年2月3日 紀尾井ホールにて収録

◆Kazuma Miura Quintet◆
 バンドネオン:三浦一馬 Kazuma Miura, bandoneon
 ヴァイオリン:石田泰尚 Yasunao Ishida, violin 
 ピアノ   :山田武彦 Takehiko Yamada, piano
 ギター   :大坪純平 Junpei Otsubo, guitar
 コントラバス:高橋洋太 Yota Takahashi, Contrabass

発売日:2016年6月14日
テレビマンユニオンレーベル【製品番号TVU-S-5-002】
♪♪詳細は、下記のページでご覧ください。

公式ホームページはこちら

ウェールズ弦楽四重奏団 新譜情報CD

ウェールズ弦楽四重奏団
 﨑谷直人(ヴァイオリン)三原久遠(ヴァイオリン)横溝耕一(ヴィオラ)富岡廉太郎(チェロ)
 2008年、共にミュンヘンARD国際音楽コンクールで入賞した金子平(クラリネット)を迎えての
 デビューCD

♪モーツァルト:
  弦楽四重奏曲 ハ長調 K.465 「不協和音」
  クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581 ※クラリネット:金子 平
  (収録:2015年1月6日、2月23・24日 Hakuju Hall)
  発売日:2015年7月8日 / フォンテック
♪♪詳細は、下記Webサイトまで。

公式ホームページはこちら

三浦一馬 新譜情報CD

三浦一馬(バンドネオン)
「ス・ワンダフル ~三浦一馬プレイズ・ガーシュウィン~」
   'S Wonderful -Kazuma Plays Gershwin-
ガーシュウィンへの深い敬愛を表し、バンドネオンの更なる可能性を追求した
ニュー・アルバム。
ピアノ、ヴァイオリン、コントラバス、パーカッション、そしてバンドネオンで編成された本作は、全編を通して三浦一馬本人によるアレンジで構成。
発売日:2015年4月8日 / Victor

♪♪詳細は、下記Webサイトまで。

公式ホームページはこちら

長富彩 DVD

長富 彩(ピアノ)「AYA NAGATOMI in CONCERT」
  2011年2月11日 浜離宮朝日ホールにて収録

発売日:2014年12月1日
テレビマンユニオンレーベル
【製品番号TVU-S-5-001】

♪♪詳細は下記ページをご覧ください。

公式ホームページはこちら