オイコノミア 2017年4月放送分

オイコノミア

指定されたファミレスで、その人は、どんな子供時代だったのかということをきっかけに、就職、結婚、子育て、そして去年誕生した孫の話まで一気に話してくれた。話は紆余曲折したが、大切な言葉をいくつも拾えたと思う。このような面接を何回も行い、それぞれ、世代も学歴も仕事も違う6人がオイコノミアの収録に参加することになった。
又吉さんがオイコノミアスタッフとともに番組の慰安旅行で宇宙に出かけ、そこで難破事故。不時着した惑星にマタヨシ国を建国。国王となり様々な施策を実行…という設定の、いつもとチョッと変わったオイコノミアの第2弾。今回はマタヨシ国の教育、特に高等教育の無償化について考えた。
6人は地球からマタヨシ国が招聘した「意見者」たちだ。この対話で強く感じたのは、教育に対する価値観はその人の大切にするものが大きく影響しているということ。「教育」と言いながら、実は「生き方」の話だったのだと思う。
6年間この番組の演出をしてきたが、今回は、又吉さんが一番自分の考えを話してくれたと感じた。手応えはあったが、番組として成立させるには苦労した。「わかりやすさ」をとるか、伝えたいと自分の考えを語るそれぞれの人たちの生の声を生かすか…。結局、どちらに傾いたのか、それは是非番組をご覧いただきたいが、最終試写の直後にプロデューサーが言った「脳みそはしびれたけど、今回は面白くなった…と思うよ」という言葉を信じようと思っている。

(野溝友也)

テレビマンユニオン担当回
4月19日(水)「もしもマタヨシ国が生まれたら“市場”を考える編」
ゲスト:若手芸人のみなさん

4月26日(水)「もしもマタヨシ国が生まれたら“教育”を考える編」
ゲスト:教育社会学者 東京大学 高大接続研究開発センター 濱中淳子 教授
   :王様会議参加者の皆さん

ディレクター 野溝友也

レギュラー出演
又吉直樹(ピース)
大竹文雄(大阪大学 社会経済研究所教授)


期間限定!特設コーナー“おさらい又吉”が新登場
“おさらい又吉”はこちらからどうぞ。

書籍化のお知らせ
オイコノミア ぼくらの希望の経済学
著者:NHK「オイコノミア」制作班 / 又吉 直樹
朝日新聞出版より発売中
くわしくはこちら

番組ホームページはこちら

ゲスト

4月19日 若手芸人の皆さん

4月26日 教育社会学者 東京大学 高大接続研究開発センター 濱中淳子 教授
      王様会議参加者の皆さん

プロデューサー

小林みつこ
堤  響子

ディレクター

野溝 友也
廣岡 知人
椎葉百合子
小林 陽子

AD

中嶋 旭洋

リサーチ

下高呂佳子

企画スーパーバイザー

加藤 義人

吉村恵美(NED)