食彩の王国 2016年1月

食彩の王国 2016年1月

 1月9日(土)は、一時間スペシャルを放送する。ナレーションを担当している薬師丸ひろ子さんが、初めて食材の現場に立つというスーパー・スペシャル。テーマは「地産地消の宿」。食の安心・安全を考え続けている薬師丸さん。日本の北から南へ、地産の現場で汗を流し、知消の豊かさを探る。秋田では、雪の中から大根を掘り出し、冬を乗り切る大根使いの知恵にびっくり。滋賀では、寒うなぎの美味しさに舌鼓。日本古来のジビエ利用法や、発酵食品ふな鮓の奥深い味わいを発見!能登半島では、いしるの味に魅せられたイタリアン・シェフの民宿へ。日本人の妻と共にイワシのぬか漬けを作り、義父のいしるを守る現場を体験。鳥取では、市場で冬の味覚の王様・松葉ガニを追跡!昭和初期に建てられた文化財の宿で、「現代の名工」の手による絶品を味わう。宿の詳細は、放送で・・・。
 13年目を迎えた当番組。テレビマンユニオンでは、「遠くへ行きたい」「世界ふしぎ発見!」に継ぐ長寿番組になった。この番組を支えてくださっている全ての人に感謝を捧げたい。
(土橋正道)

番組ホームページはこちら

語り

薬師丸ひろ子

放送予定

    OA日     テーマ     担当D
#611 1月 9日 : もてなしの宿  植田裕久 
#612 1月16日 :   蕪     ※VIVIA 
#613 1月23日 :  赤味肉(牛) ※VIVIA   
#614 1月30日 :  白 菜    前夷里枝    

1月のテレビマンユニオン 担当回は・・・ 

≪新春スペシャル≫ 『“もてなし宿”の食材物語』     
みなさま明けましておめでとうございます。
新年最初の食彩の王国では、薬師丸ひろ子さんが旅するスペシャル番組を放送します。
能登のマダラに、岩手の凍み大根、滋賀の巨大うなぎに、鳥取の松葉ガニ!
食材の美味を丁寧に引き出す、宿の人たちの”もてなしの心”をお伝えします。
見たらお腹が空いてきて正月太りに拍車がかかること間違いなし!
タイトルCGでお馴染み、本山賢司さんの書き下ろしイラストにも注目です。
(細村舞衣)

≪白菜≫『冬野菜の女王 あったか鍋の白菜物語』

年末恒例、白菜クイズの時間です。
第1問 白菜といえば、緑と白のコントラストが美しい野菜ですが、最近、変わった色をした品種が増えています。次のうち、実際にないものはどれでしょう。
① 紫 ② オレンジ ③ 限りなく透明に近いブルー
第2問 普通の白菜の倍以上の大きさに育つ山東(さんとう)菜(さい)という品種があります。12月の10日間だけしか出荷しないため“幻の白菜”とも呼ばれるのですが、市場に並べる際に見栄えをよくするため、ある道具を使って“お化粧”をします。その道具とは次のうちどれでしょう。
① マスカラ ② アイライナー ③ 電動ドリル
第3問 中国で生まれた「ピェンロー」という白菜鍋があります。日本にピェンローを広めたのは、作家の妹尾河童さんだったのですが、彼の代表作「少年H」の「H」の由来とは、次のうちどちらでしょう。
① 何を隠そう、白菜の「H」 ② 改名する前の本名「肇(はじめ)」の「H」
気になる正解は、1月23日放送の食彩の王国を、ぜひご確認ください。
(鴨下 満)

プロデューサー

土橋正道

ディレクター

徳丸あす香 
前夷里枝 
植田裕久  
橋本倫
永田暁児  
田中由美
三田香織
阿部賢実
岸元美江   

リサーチ

北口由子

アシスタントディレクター

細村舞衣
鴨下満