ラセターさん、ありがとう

プロデューサー&ディレクター : 佐藤寿一

『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』の監督や『モンスターズ・インク』、そして最新作『ファインディング・ニモ』の製作総指揮にあたったジョン・ラセターは、宮崎駿監督と20年来の親交があり、代表作『ルパン三世カリオストロの城』や『となりのトトロ』が特にお気に入りで、彼の創作活動に大いなる影響を与えていると公言しています。宮崎監督の新作『千と千尋の神隠し』の全米公開にあたり、英語吹き替え版の製作総指揮を担当するという形で友情を発揮し、“Spirited Away”というタイトルでディズニーが配給し公開にまでこぎ着けたその影には、ラセターの努力と行動力があったといえます。『千と千尋の神隠し』がアカデミー賞長編アニメーション部門を受賞した影にあった友情のドラマです。

 ◆Amazonでの購入はこちら

top