勝負の瞬間 世界で戦う突破力

BS朝日の人気番組『勝負の瞬間(とき)』初の対談集。過去の放送の中から、10名のトップアスリートたちがインタビューで語った“世界での戦い方”を厳選収録。仕事でのピンチを乗り越えたいとき、困難に直面したときにヒントとなるようなエピソードが満載! 番組ナビゲーターの二宮清純氏による書き下ろしコラム(本書オリジナル)も必読の一冊です。

番組情報はこちら


【登場アスリート】
・遠藤保仁(サッカー日本代表)
―いくらいい準備をしてもプロの世界である以上、結果が全て
・青木宣親(プロ野球選手)
―プロの世界では、自分で考えられる人が生き残っている
・諸見里しのぶ(プロゴルファー)
―緊張しているのなら、しているなりの打ち方があるし、不安なら不安なりの攻め方がある
・ 大畑大介(元プロラグビー選手)
―一番大事なものを最後に託されるためには、本当にチームの信頼を勝ち得ていなければならない

・佐藤琢磨(レーシングドライバー) 
・中澤佑二(プロサッカー選手) 
・長谷川穂積(プロボクサー) 
・武豊(騎手) 
・宮崎大輔(プロハンドボール選手) 
・杉山愛(元プロテニスプレイヤー)

【二宮清純プロフィール】スポーツジャーナリスト。株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役。1960年、愛媛県生まれ。スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーのスポーツジャーナリストとして独立。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中。
「日本人が世界で戦う上において必要なものは何か。どうすれば世界で勝てるのか。そして彼らが得た教訓は私たちに何をもたらしてくれるのか。本書がそれを考えるきっかけの一つになれば、インタビュアーとしてこれ以上の喜びはない。」(コラムより一部抜粋)


Amazonでの購入はこちら

top