先人たちの底力 知恵泉 「白洲次郎」前・後編

仕事で悩んだり、壁にぶつかったり。そんな皆さんに大きなヒントをくれるのが、歴史上の人物の様々な知恵です。苦手な上司への対処法から、部下を上手に指導するコツ、そして新規プロジェクト成功の秘訣まで。当店「知恵泉」では、明日からの人生に役立つ知恵をたっぷりとご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

今回のテーマは「白洲次郎」
多くの実業家や文化人に愛され多大な影響を与えた男・白洲次郎。長い海外経験で「欧米流スノビズムを身につけた」次郎を支えた知恵とは。吉田茂のブレーンとして、GHQとの交渉にのぞみ、戦後日本を形作った日本人・白洲次郎。その生きざまを通した「知恵」を二回シリーズで届ける。

「こんなカッコいい男になりたい 白洲次郎」(前編)
【放送日時】10月23日(火)22:00~22:45/再放送 10月30日(火)昼12:00~12:45
【内容】手が付けらえないほど、やんちゃだった若き次郎は、父の命で大正八年英国に留学する。
 後に「島流し」とまで本人が語った彼の地で知る「英国人気質」は、その後の生き方の原点となった。
 流行雑誌編集者が読み解く「次郎・かっこいい男」論。

「ブレないことがカッコいい 白洲次郎」(後編)
【放送日時】10月30日(火)22:00~22:45/再放送 11月6日(火)昼12:00~12:45
【内容】どんな相手にも「ぶれることなく」応じた次郎。戦後の混乱期の象徴再編などでも自らの信念を曲げず突き進む。
 その生き方はリタイアしたあとも揺るがなかったという。何が彼を支えたのか。
 遺族が語る知られざる、次郎のダンディズムとは?

【出演】舘野晴彦(幻冬舎 編集者) 小島瑠璃子(タレント) 北康利(作家) 牧山圭男(旧白洲邸武相荘館長)
【司会】新井 秀和(NHKアナウンサー)

番組ホームページはこちら

ディレクター

加藤敏浩

アシスタントディレクター

髙村安以 西山弘晃 桒原拓真

リサーチ

西川アンナ

アシスタントプロデューサー

中村美奈子

プロデューサー

高橋才也