おまえなしでは生きていけない ~猫を愛した芸術家の物語~

第三夜 向田 邦子 愛猫だけが見ていた人気脚本家の涙

◆「あたくし、そういう時間はありませんので悪しからず」ピシャリと言って電話は切られた。昭和55年秋、直木賞受賞直後「働く女性」に関してのインタビュー依頼が、向田邦子さんとの最初で最後のコンタクト。◆翌年8月22日、余命2ヶ月と言われた父の病室のテレビで彼女の訃報に接した。意識朦朧の中「すぐ東京に戻らなくていいのか?」と父は言った。(向田さんの葬儀に駆けつけるほど、娘は立派じゃないんだよ、お父さん)1ヵ月後、父は55歳で逝った。◆あれから30年、今やっと向田邦子さんと向き合っている。シナリオ、エッセイ、小説どれをとっても彼女は圧倒的だ。才能にあふれ潔くて格好いいTV界の大先輩。(参っちゃうよなぁ、同時代を生きてたらメチャメチャ嫉妬しただろうなぁ⋯)◆完敗なので、愛猫だけが見た向田さんの別の顔をご紹介する。
(合津直枝)

出演

ミムラ

演出

斉藤久剛

撮影

舘岡悟

音響効果

四元裕二

AP/AD

堤響子

プロデューサー

合津直枝

企画

岸善幸

GP

田中直人

第二~四夜共通スタッフ

演出補:渡邊貴文/松本壇  制作部:高橋康進/森川雄介   
美術:黒須康雄  小道具:中島順子  衣装:江頭三絵  ヘアメイク:近藤美香   
猫トレーナー:北村まゆみ