夏だ!てれファミリー

夏だ!てれファミリー

テレビマンは1度は必ず格闘する問い。
問1、
「なぜいまこれをやるのか?」
問2、
「なぜいまこれをみないといけないのか?」
この2つの問いについて、この番組ほど
明瞭な答えを得られた番組を
僕は作ったことはありません。

答え1は、
「今しかない今、会いにいく」ため。
答え2は、
「その出逢いは今しか見られないもの」だから。

この番組はとにかく、今、会いたい人に、
なんとしても会いにいく。それがテーマです。

そのために用意したのが、
ふしぎなテレビ、「てれポ」。

これを使えばアラ不思議、
どんなに遠くにいる人も、
会いたい人のところにひとっ飛びできる。
原宿のカリスマ美容師は、
会いたくてたまらない長崎の祖母のもとへ。
和歌山のパンダ飼育のスペシャリストは、
コロナで会えなかった神奈川の両親のもとへ。
京都の大学生は、血のつながりもないのに
祭のソウルで熱く太く結ばれた第2の故郷、
青森のおじいちゃんおばあちゃんたちのもとへ。

会いたいという思いを、
「てれポ」に載せて訪ねていく・・・
そこで生まれる、笑いと涙のドラマ。
放送時間(NHKニュースの直後!ゴールデン!)に
ふさわしい、誰もがどこかに持つ「会いたい」の
気持ちに乗せた番組となった・・・と思います。

MCの小籔千豊さんは、
かつてお母様が重い病で入院された際に
プリンを食べたいと言われ、
届けてあげたけれど遅くなってしまって
存分に食べさせられなかった、
もっと前から会いに行って、届けておけばよかった、
という思いを持っていらっしゃる方。
ナレーションに込めた駄洒落には
「そんなのいらんねん」と厳しいツッコミを頂きながら、
日本中をつないただ怒涛の収録後にひとこと、
「ほんまにええもん見させてもらいました」と
しみじみ言っていただきました。

いつか会えると言っていたら
会えないかもしれないことが分かった、コロナ禍の今。

今会いたいと思ったら、今会いにいく。
直接会うのが一番だけど、今は会えない?
だからどうしたそれであきらめるない!
今あるテクノロジーは全部つかって、
今しかない今、会いにいく。
帰省やお祭りがままならぬ夏だけど、
でも、こうやって出会うことができるのだから!
「てれポ」が証となってくれた、この先の可能性。

この先、何が来たってこれを作って
元気に笑い飛ばして泣いてやる。
会いに行ってやる。そんな気概を込めました。
是非ご覧ください!
(阿部修英)


MC 小藪 千豊

番組ホームページはこちら

企画・総合演出

阿部 修英

D

河原  剛
黒住 聡丈
金井さおり
池田 一葵
椎葉百合子

AD

中川奈津子
高橋  渉

造形デザイン・ロゴ

宮井 勇気

AP

橋本 麻未

P

小林みつこ

GP

田中 直人