奇跡のレッスン 「小説」

奇跡のレッスン 「小説」

最強コーチ 重松清
「五年前のきみはどんな子どもでしたか。」10歳から16歳の子どもたち12人と作家・重松清さんの出会い。最初の質問の一つがこれでした。ゼロから世界観を生み出す作家の仕事は大変な偉業です。一度も長文を書いたことがない子どもたちに向かって、この質問から過去の自分を主人公にして物語は作れると、重松さんは作家のハードルを大幅に下げてしまいました。その後も次々とハードルは下げられ、「私にも文章は書ける」、「できる」と、子どもたちのやる気は倍増していきます。言葉のノウハウは教えていません。自分との向き合い方を示して行ったのです。重松さんご本人は「俺はなあんにも教えてないよ」とおっしゃいます。カッコよすぎますよ、重松さん…!数限りなく繰り出される重松さんの質問。そして、爆笑と涙の子どもたちの答え。ここに自分を表現するメソッドが凝縮されています。クリエイティブな作品を生み出したい方、必見です。
(長澤智美)

語り 麻生久美子

「ラグビー編」(初回放送 2017年11月25日 NHK BS1)
2018年第36回ミラノ国際スポーツ映像祭
ドキュメンタリー チームスポーツ部門 栄誉賞を受賞しました!

番組ホームページはこちら

D

坂田能成

取材D

高城あずさ

AD

吉川健人

取材応援

三本松晃

Rs

伊藤暢子

AP

河西恭子

P

長澤智美