BS1スペシャル「欲望の資本主義2020スピンオフ」①〜③

大反響の新春恒例「欲望の資本主義2020」。格差、分断で不透明感増す世界、日本を知性達が分析。今回スピンオフ版として未公開の言葉をお届けする。

①「スティグリッツ大いに語る」 
2020年4月17日(金)21:00〜21:49
再放送 4月21日(火) 21:00〜21:49 4月28日(火) 午前0:45〜午前1:34 ※月曜深夜 5月11日(月) 13:00~13:50
「アダム・スミスは間違っていた」経済学の父を否定するスティグリッツの言葉から「欲望の資本主義」は幕をあけた。ノーベル経済学賞の重鎮は格差、不平等が加速する現代の資本主義の病巣を指摘。グローバル化、デジタル化に加えサービス業に富を生む論理がシフトしている世界マーケットでは健全な競争が阻害され歪な構造が生まれている。そこに今コロナ・ショックが。2019年夏のインタビューで既に示されていた問題を考える。
【出演】経済学者/コロンビア大学教授…ジョセフ・スティグリッツ 経済学者/大阪大学准教授…安田洋祐
【語り】柴田祐規子

②「ジャック・アタリ大いに語る」 2020年4月23日(木)21:00〜21:49
再放送 4月28日(火)午前1:35~2:24 ※月曜深夜  5月12日(火)13:00~13:50'''
社会、経済、文化のあり方を文明論的に俯瞰、構造の本質を捉える思索を繰り広げるアタリの目に、現代の世界、日本、そして資本主義はいかなる形で映っているのだろう?ともすれば短期的な成果を求めて近視眼的な政策に終始することで、自縄自縛に陥っているとしたら?「社会的な流動性をもたらせられなければ、資本主義の前途は危うい」と指摘する彼の洞察の本質は?そこにコロナの危機が。2019年秋のインタビューから考える。
【出演】経済学者/思想家/作家…ジャック・アタリ 
【語り】柴田祐規子

③「ニーアル・ファーガソン大いに語る」 2020年4月29日(水)22:00〜22:49
再放送 5月13日(水)13:00~13:50/5月21日(木)午前0:45~1:35
「マネーの進化史」など資本主義の歴史を俯瞰するファーガソンが今基点とするコンセプトはネットワークとタワーだ。複雑な関係性が織り成すネットワーク型の社会の論理と、巨大な高層ビルに象徴されるタワーの上層階での閉鎖的な意志決定とが衝突、混乱を生んでいるのが現代の構図だと彼は言う。ツリー状の階層化で保たれてきたかに思われる社会の構造に亀裂が走る時、ネットワークという視点で見る可能性は?21世紀のゆくえは?
【出演】歴史学者/ジャーナリスト…ニーアル・ファーガソン
【語り】柴田祐規子

ディレクター

野溝友也 大西隼

アシスタントディレクター

堀内慧吾 岡崎光耀

アシスタントプロデューサー

真治 史 中村美奈子

プロデューサー

高橋才也

制作統括

丸山 俊一(NEP) 藤田英世(NHK)