BSスペシャル デジタル・アイ  新発見続々! 考古学×可視化テクノロジー

BSスペシャル デジタル・アイ  新発見続々! 考古学×可視化テクノロジー

「デジタル・アイ」はOSINT(オープン・ソース・インテリジェンス)などデジタル調査の世界の最前線を追うドキュメンタリー・シリーズ。今回は考古学の世界で急加速するデジタル手法の潮流に注目する。

「神の視座を得た思いです。」新しいデジタルツールが考古学にもたらした衝撃を、ある研究者はそう
表現する。デジタルの「目」によって、これまでの手法では見えなかった膨大な数の遺跡が発見され、様々な新説が生まれつつあるのだ。
レーザー光を照射して観測するLiDAR技術を使い、明らかになったカンボジア・クメール王朝の巨大水利都市構造。奈良の古墳調査では、若手研究者によって日本史の“空白の4世紀”に風穴があけられようとしている。さらに、デジタルは考古学の敷居をかつてないほど低くし、異なるジャンルのスペシャリストやアマチュアたちが驚くべき成果を上げるケースも。AIが実現する2000年前の古文書解読など、活況に沸く考古学の今に迫る!

NHK WORLD-JAPAN(英語版)での放送のお知らせ 
Digital Eye
Archaeology: Making the Invisible Visible! ※NHK WORLD-JAPAN はこちら
2024年3月23日(土)9:10/ 15:10/ 21:10、24日(日)3:10 ※日本時間

日本語版の放送 
BSスペシャル デジタル・アイ
新発見続々! 考古学×可視化テクノロジー
2024年4月4日(木)23:25~翌0:14 

ディレクター

岡瑠里子 武井佑吏

プロデューサー

宮﨑和子