きじまりゅうたの小腹すいてませんか? 2019年12月

きじまりゅうたの小腹すいてませんか? 2019年12月

料理研究家きじまりゅうたが、街行く人に小腹すいてませんか? と声をかけ、家にお邪魔。キッチンにある残り物で小腹を満たすメニューをアドリブで作る料理ドキュメントバラエティ。調理しながら語りあうと、リアルな人生模様が浮かびあがり… 完成する料理も美味しそう!

「町田 若者の街で」
12月14日(土)22:45~22:58/再放送 12月19日(木)16:05~16:20
今回の舞台は、いま“西の渋谷”の異名で呼ばれ、若者が集まる町、町田。今回出会ったのは18歳にして飲食店を起業したという大学生。そして自分のタイプの女性を探して中国から日本にやってきたという大学生。プルコギチーズポテトと豆腐のトマト卵とじのがっつりおつまみになる2品を作る。

「光が丘 休日のファミリータウンで」
12月30日(月)22:15~22:28
祖母から3代続く料理研究家のサラブレッド・きじまりゅうたが、街ゆく人々に「小腹すいてませんか?」と声をかけ、家にある物で料理を作るドキュメントバラエティ。今回は、ファミリーに人気のベッドタウン、光が丘。買い物袋をもったお父さんに出会う。大阪に家族を残して単身赴任中… 自炊でダイエットに励んでいるというお父さんに、驚異の低カロリーで、しかも超おいしい、お好み焼きにも似た“ヘルシーお焼き”を伝授!

番組ホームページはこちら

再放送のお知らせ

「巣鴨 昭和のお嬢様に」 12月1日(日)16:05~16:18
巣鴨のとげぬき地蔵できじまりゅうたが出会った70代の女性。家の残り物でアドリブ料理を作ることに。夫を亡くし一人暮らしの彼女のお宅で作ったのは、切り干し大根とトマトのトロトロ卵炒めや、豆乳を使った台湾で人気の朝ごはんシェントウジャンなど3品。「上を向いて歩こう」がヒットした時には東京五輪に夢中で…「帰って来たヨッパライ」が流行った時には営んでいた理髪店が絶好調だった…など、思い出話にも花が咲く。

「銀座 話題の飲み屋街で」 12月5日(木)16:05~16:19
料理研究家きじまりゅうたが街で人々に「小腹すいてませんか?」と尋ね、お宅にある残り物で料理を作るドキュメント&バラエティー。今回は銀座のコリドー通りへ!出会ったのは女性会社員たち。陽気な2人組だが、じつは1人がまもなく地方へ転勤する予定で寂しいという。離れ離れになる2人を励ますためにきじまが作るのは、彼女たちの故郷・新潟のお餅やお麩(ふ)を使った斬新な料理!意外性あふれるはなむけの料理が笑顔を誘う。

「富津 房総の漁港で」 12月12日(木)16:05~16:20
料理研究家きじまりゅうたが街ゆく人々に「小腹すいてませんか?」と声をかけ、お宅にある物で料理を作るドキュメントバラエティ。今回は房総半島の富津漁港へ。出会ったのは、とっても優しい漁師さんたち!これぞ“海の男”という船頭さんの家におじゃま。いつも鮮度抜群の“海の幸”を食べている地元のご家族。きじまは一体どんな食材を使い、どんなアイデアを繰り出し、地元の人々を唸らせる料理を作るの?ご期待ください!

「高円寺 音楽好きの街で」12月26日(木)16:05~16:20
料理研究家きじまりゅうたが、街で人々に「小腹すいてませんか?」と声をかけ、お宅にある物で料理を作るドキュメント&バラエティ。今回は高円寺へ! ライブハウスが多いこの街で出会ったのは、音楽好きで、年の差14歳のご夫婦。年下の妻にふだんから料理を教えてあげている優しい旦那さん…でも、もっとおいしい料理を…という欲張りなカップルに、きじまが冷蔵庫の残り物だけで作りあげる、おしゃれなイタリア料理とは!?

ディレクター

牧田潤也
坂田能成

AD

ズージーマン

美術

宮井勇気  

アシスタントプロデューサー

黒川優珠

制作プロデューサー

今野英一郎 山本宏明

プロデューサー

高橋才也