TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY『No Pain,No Gain』

TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY『No Pain,No Gain』

俳優の山田孝之を5年強にわたり追いかけた長編ドキュメンタリー作品。
本作は、山田が30歳を迎えた13年から直近の19年までの約5年間(=2045日)、長期にわたって撮影を敢行。
これまで“芝居”以外のメディア露出の際には、まるで“山田孝之”を演じているかのようだった山田。本心の読めないミステリアスさを醸し出し、その姿が視聴者の興味をそそってきた。だが、本作で活写されているのは、挑戦を続け、懸命に生き、苦悩を繰り返しながらも「人生を楽しもう」と必死にもがく様子。人生の節目を迎え、信念を貫く実直な“山田孝之”が映し出されている。
タイトルに使用されている「No Pain,No Gain」は、「痛みがなければ、得るものなし」という意味を持つ英語の慣用句。これは、山田が撮影期間中に何度も呟いていた「楽しむために、楽をしない」という言葉に由来している。
山田は、今回の公開に際して「業界関係者は見ないでください。特に若手俳優は鑑賞してはいけません。担当マネージャーは厳しく言い聞かせてください」とコメントを寄せている。


4月27日から東京・新宿シネマカリテで限定公開。
◆シネマカリテ

監督・編集・撮影

牧 有太

アシスタントディレクター

清水 弘

プロデューサー

梛木泰西
岩倉達哉 (S・D・P)

制作

テレビマンユニオン

企画・製作・配給

S・D・P