ドキュメンタリー映画『裏ゾッキ』

ドキュメンタリー映画『裏ゾッキ』

ばらばらの世界をつなぐのは、法螺(フィクション)だった―
竹中直人・山田孝之・齊藤工の3人がメガホンを取り、漫画家・大橋裕之の短編集を実写化する異色の映画、「ゾッキ」。制作がはじまる2020年、ひときわ喜んだのは、ロケ地である愛知県・蒲郡市の人々だった。蒲郡では8年前から印刷屋さん、パン屋さん、居酒屋さんなど、町の有志が立ち上がり映画誘致の活動を続けていたが、今回念願かなって蒲郡市も巻き込み、映画「ゾッキ」を市民総出で全面バックアップすることになったのだ!
平穏だった蒲郡という場所で巻き起こる、数々のハプニング。豪華キャスト・スタッフによる一筋縄ではいかない映画制作。そして、素人集団がどうにか映画を盛り上げようと奮闘する姿。その模様を追った「裏ゾッキ」は、ひとつの映画に寄せ集まった人々の“裏側”を描く物語。…のはずだった。
ロケ終了後に世界中に襲いかかったコロナウイルスの猛威。4、5月には緊急事態宣言が発令した。映画館が2ヶ月の休館するのは戦後初めての事態だった。映画を生業にしていた監督陣の生活も一変した。例にもれず蒲郡の町も悲鳴をあげ、映画に心をくだいてきた人々は、それぞれの苦境に追い込まれる。さらに2021年3月の公開直前、コロナウイルス第二波が世界を襲う。目標にしてきた「作品を届けること」がおびやかされる今。ひとつの映画とともに重なり合った人々の現在進行形の記録。
写真:©2020「裏ゾッキ」製作委員会

ドキュメンタリー映画『裏ゾッキ』
撮影・編集・監督:篠原利恵
音楽:重盛康平
主題歌:竹原ピストル「全て身に覚えのある痛みだろう?」
出演:蒲郡市の皆さん、竹中直人、山田孝之、齊藤工 ほか
製作:映画「裏ゾッキ」製作委員会
株式会社and pictures/株式会社ライツキューブ/株式会社テレビマンユニオン
企画:伊藤主税、山田孝之
プロデューサー:牧有太
監督助手:花田美乃莉、清水弘
撮影:藤枝孝幸
   山田尚弥、花田弦
   梅本牧人、深野千穂、来本晃彩
映像技術:大谷力
映像:浅原悠介
サウンドデザイン&ミキサー:森岡浩人
アシスタントプロデューサー:大橋和実、砂本莉沙、西原一憲
制作:テレビマンユニオン
制作協力:and pictures
配給:イオンエンターテイメント
支援:映画「ゾッキ」製作委員会/映画「ゾッキ」蒲郡プロジェクト委員会
後援:蒲郡市
題字:大橋裕之
©2020「裏ゾッキ」製作委員会

2021年5月14日(金)より
アップリンク渋谷にて『ゾッキ』と2作品の交互上映
5月21日(金)~アップリンク吉祥寺 シネコヤ
5月28日(金)~アップリンク京都
伏見ミリオン座・刈谷日劇ほか 全国順次公開予定

映画「ゾッキ」(絶賛公開中)の公式ホームページはこちら

公式ホームページはこちら

『裏ゾッキ』予告編 2021年5月公開 <映画『ゾッキ』の舞台裏を描いたドキュメンタリー>