又吉直樹のヘウレーカ! 2019年10月の放送

又吉直樹のヘウレーカ!

ゲストは、東京理科大学で「巨大ウイルス」の研究をされる武村政春先生。
ウイルスのこわ〜い世界を体験?…
と思いきや、又吉さんも武村先生もなんだか楽しそう!?
それもそのはず。武村先生は、生物学の視点からウイルスなどの目に見えないモノと「妖怪」を比較するという、とっても刺激的な研究もされているお方なのだ!
実は又吉さんも、大の妖怪好き。
深大寺を舞台に、二人の妖怪トークは終わらない。
さらに武村先生は、ウイルスは生物の進化に欠かせない存在であると説く。
私たちの「胎盤」が出来た過程にもウイルスが深く関わっているというから驚きだ。
そんな武村先生の話に、すかさず「人間に悪さをする妖怪は感知しやすくて、守護霊は忘れがち」と
独特の返しをする又吉さん。
お二人の息はピッタリだ。
先生があまりにもウイルスについて愛おしそうに話すので、私はウイルスの魅力に”とりつかれて”しまった。
(高城あずさ)

テレビマンユニオン担当回
選「インフルエンザに何度も“とりつかれる”のはなぜ?」
10月30日(水)放送予定
ゲスト 武村 政春(東京理科大学教授)
ディレクター:小林 陽子
アシスタントディレクター:高城 あずさ

レギュラー出演
又吉 直樹(ピース)

ナレーション
吉村 崇(平成ノブシコブシ)

書籍化のお知らせ
又吉直樹のヘウレーカ! 何気なく感じるフシギを解き明かす
著者:「又吉直樹のヘウレーカ!」番組制作班
扶桑社より好評発売中

番組ホームページはこちら

2019年10月のラインナップ

10月2日 この“怒り”をおさめるには?
     川合 伸幸(名古屋大学教授)
10月9日 選「4色ボールペンって便利なの?」
     鈴木 咲衣(東京工業大学 情報理工学院准教授)
10月30日 選「インフルエンザに何度も“とりつかれる”のはなぜ?」
     武村 政春(東京理科大学教授)

プロデューサー

小林 みつこ
生尾 典之

AP

堤 響子

ディレクター

廣岡 知人
野溝 友也
小林 陽子
椎葉 百合子
中嶋 旭洋
高城 あずさ

AD

二階堂 茜
コナー シェイ ピルキントン
橋本 麻未
石井 菜摘