子供たちに残したい 美しい日本のうた

子供たちに残したい 美しい日本のうた 10月~

童謡『赤とんぼ』の詩が1921年に作られてからちょうど100年を迎えました。「夕焼け小焼けの赤とんぼ、負われて見たのはいつの日か」。でもよく考えると、この詩が生まれてから わずか100年しかたってないのかと、少し不思議な気もします。「十五で姐や(ねえや)は嫁に行き」。姐やとは、子守り役をする娘のこと。その娘が十五で嫁に行く。これはいつの時代なのかと思います。もちろん『赤とんぼ』は、主人公(作者 三木露風)が子供の頃を思い出している詩なので、「姐や」が嫁に行ったのは、さらに30年ほど前になりますが。「童謡」が生まれてから100年ちょっと。長く歌い継がれてきた歌の数々のような気がしていましたが、実はわずか100年間の話。そう思うと日本がいかに猛スピードで近代化したかを実感します。童謡は歴史を語る生きた証拠なのかも知れません。
(中村哲夫)


番組ホームページはこちら

放送予定

放送日                放送内容                   ディレクター

10月2日           #76 歌で四季をめぐる 花火 紅葉 誰もいない海  他   重政みなみ
10月9日、11月27日      #90 名曲の舞台を訪ねる 青葉城恋唄 からたちの花 他   阿部賢実
10月16日          #84 名曲誕生の地へ  夏の思い出 われは海の子  他   阿部賢実
10月23日          #85 元気になる歌  あめふり おさななじみ    他   阿由葉聡子
10月30日          #86 名曲誕生物語  静かな湖畔、あわて床屋    他   重政みなみ
11月6日、12月4日      #91 歌とともに旅に出よう いい日旅立ち      他   阿由葉聡子
11月13日、12月18日     #92 詩人たちの思い あの素晴らしい愛をもう一度  他   重政みなみ
11月20日          #89 歌とともに旅しよう 知床旅情 岬めぐり    他   重政みなみ
12月11日          #93 歌で四季をめぐる 朧月夜、夏は来ぬ、リンゴの唄 他  阿部賢実
12月25日          #90 名曲の舞台を訪ねる 青葉城恋唄 からたちの花 他   阿部賢実

12月26日(日) 2時間スペシャル 21:00~『ふるさとは元気』 演出:阿由葉聡子、阿部賢実、重政みなみ  


出演

千住 明(作曲家)/音楽アドバイザー  

びわ湖ホール声楽アンサンブル
東京混声合唱団
えびな少年少女合唱団
The JADE
藤木大地 (カウンターテナー)
萩原麻未 (ピアノ)
村治佳織 (ギター)
鈴木大介  (ギター)
荘村清志  (ギター)
小林沙羅  (ソプラノ)
村方乃々佳
日本フィルハーモニー交響楽団メンバー

語り

小宮悦子

ディレクター

阿部賢実
重政みなみ
阿由葉聡子
佐々木憲

撮影

西 徹 
伊藤加菜子

プロデューサー

中村哲夫

GP

加藤義人