ドーハは悲劇ではなかった ~日本サッカー18年の真実~

 1993年10月28日、「ドーハの悲劇」が起こった瞬間、ハンス・オフトはカタールの灼熱のスタジアムにいた。島田雅彦は自宅で、歓喜のシャンパンを開ける瞬間を今か今かと待っていた。遠藤保仁は中学二年生、鹿児島でテレビを観ながら「そこまで悔しいものかな」と漠然と思った。国分禎雄はテレビマンユニオンの新人で、駒場東大前の下宿の壁に思いきり頭をぶつけた。岸枢宇己は19歳。戸塚の実家で家族皆がなぜか立ったまま観戦していて、その時、全員同時に膝から崩れ落ちたという。⋯あなたは「あの瞬間」を覚えていますか? あれから18年、「ドーハの悲劇」はなぜ起き、そして今の日本サッカーに何を残したのか。それを真剣に考える(たぶん最後の)番組になると思います。
(西口 想)

出演

ハンス・オフト
川淵三郎
佐々木則夫
柱谷哲二
三浦知良
遠藤保仁
   ほか

取材・語り

島田雅彦

岸枢宇己

P

國分禎雄

制作P

西口想

AD

小山慎介

制作統括

田中文弥(NHK)
兵土健治(NEP)