Zero Waste Life 2021年10月

Zero Waste Life 2021年10月

2021年度前期の「NHK 国際放送局長特賞」に選ばれました。

地球の未来を思いやり「捨てない暮らし」を思う存分楽しむ人々、そしてその「捨てない暮らし」を刺される人々の暮らしぶりやポリシーを、世界中の人々に向かって伝える15分の新番組。








番組ホームページはこちら

2021年10月の放送

#9 Floral Incarnation 「花の一生を見届ける」 10月1日(金)前10:45~11:00ほか  
我々の生活に潤いを与え、冠婚葬祭に欠かせない花。だが、摘まれた花は悲しいさだめにある。ごく短い間だけ空間を彩るものの、すぐに廃棄されてしまう。河島春佳さんは、花の命を最大限活用することに情熱を傾けてきた。廃棄される花を買い取り、ドライフラワーにすることで新しい役目を与える。人間の都合で花を摘む以上、使い捨てにせず、朽ちるまで愛でるべき。それが河島さんのポリシーだ。

#2(再放送)Asakusa Washi: Omikuji Recycling 「おみくじを再生 ASAKUSA和紙」 10月8日(金)前10:45~11:00ほか 
第2回は浅草で評判の和紙を作っている篠田佳穂さん。神社の参拝客の間で人気のおみくじは参拝客が持ち帰ることなく、神社で燃やされるのが通常。だが、和紙職人の篠田さんはおみくじを再利用することを思いついた。篠田さんはおみくじを溶かして、新しく生まれ変わらせる。こうして再生された和紙は見た目が美しいだけでなく、耐久性がある。篠田さんは和紙を重ねたバッグも作っており、これは国内外で人気を博している。世界的に人気の浅草に、いま新たな名物が生まれようとしている。

#3(再放送)The Toy Doctor 「おもちゃドクター」 10月15日(金)前10:45~11:00ほか  
鈴木有一さんは数学教師を引退した後、医師になった。手術に使うのはメスではなく、ドライバーやドリル。そう、彼が治療するのはおもちゃだ。鈴木さんが児童会館へ行くと、おもちゃを直して欲しい子供たちが次々やってくる。鈴木さんには活動を通して子供たちに伝えたいことがある──「おもちゃをずっと大事にしてね!」

※この番組は放送終了後も、ビデオオンデマンド(外部サイト)でご覧いただけます。

ディレクター

小林陽子(#9、#2)
岡崎光耀(#3)

AD

潘志揚

プロデューサー

琢磨修一