食彩の王国 2020年9月の放送

食彩の王国 

17年目の「前へ」
 「食彩の王国」は、昨年の10月から放送17年目に入った。我々の食卓に届く旬の食材に焦点を絞り、その歴史や、関わる人々の情熱や汗と涙をひもといて来た。目の前の一本に集中し続け、気がつけば800回を超えていたことになる。番組に協力してくださった全国の生産者の皆さん、流通のみなさん、語りの薬師丸ひろ子さん、提供主の東京ガス、放送局のテレビ朝日、広告代理店のビデオプロモーション、相棒のテレビ朝日映像、撮影をはじめとするすべての技術スタッフ、ポスプロの赤坂イマジカにも、感謝を捧げたいと思う。
 ラグビーワールドカップの熱狂のおかげで、にわかラグビーファンになったが、プレイ中のボールに対する全員の集中力を見ていると身体が熱くなる。明大ラグビー部監督・北島忠治が言い続けてきた「前へ」という極意。跳ね返されても諦めずに突進する力が画面から伝わって手に汗握る。もちろん、現在のラグビーははるかに進化していることも見て取れるが、愚直なまでの向き合いが心を打つ。「食彩の王国」も進化した形で「前へ」と、肝に銘じた。
(土橋正道)

DVD「食彩の王国 日本の四季」
ポニーキャニオンより好評発売中!
(C)2019テレビ朝日・テレビマンユニオン・テレビ朝日映像

番組ホームページはこちら

語り

薬師丸ひろ子

放送予定

    O.A.   テーマ   担当ディレクター 
#847 9月 5日  セロリ     中村朱里
#848 9月12日  うなぎ     ※VIVIA     
#849 9月19日  アユ      木村麻衣子
#850 9月26日  たまご     ※VIVIA              

2020年9月のテレビマンユニオン担当回は・・・

#847 セロリ
厳しい残暑。独特な味と、シャキッとした触感が楽しめる、爽やかな食材、セロリ!
和食はもちろん、フレンチや中華、さらに驚きのセロリのカキ氷まで!?
様々な場所で大活躍のセロリの魅力に迫ります!
夏場の生産量日本一の長野県原村では、深夜1時、暑さに弱いセロリの収穫に家族総出で勤しむセロリ農家を訪ねます。

#848 アユ
残暑厳しいこの季節。涼やかな気持ちにさせてくれるのは、清流の女王、アユ!
東京湾から多摩川の上流、秋川を塑上していく天然のアユは、かつて将軍にも献上され重宝されていたものの、高度経済成長とともに進んだ多摩川の汚染により、一時姿を消してしまいます。
”江戸前アユ”の復活に立ち上がった人々の奮闘、復活にかけた思いとは!?
さらに、その味にほれ込み、秋川に通うイタリアンの釣りバカ有馬シェフが、復活に人生を捧げてきた”親方”達に送る感謝の一皿。必見です!

(藤原綾子)

プロデューサー

土橋正道

アシスタントプロデューサー

平田早季

ディレクター

伊藤浩子 中村朱里  木村麻衣子  
植田裕久 河野あや子 田中由美 
橋村知曉 橋本 倫  土井晴美

アシスタントディレクター

藤原綾子 黒澤慶一