超密着!世界の“凄ワザ”キング~第三弾~

超密着!世界の“凄ワザ”キング~第三弾~

スケール感ハンパない!世界の過酷な現場で働く“凄(すご)ワザ”キングに密着!今回は、ヘリカウボーイ、稲妻ハンター、ラインマン、猿飛職人の仕事場にカメラが潜入!『驚くべき仕事ぶり』と『壮大な絶景』をハラハラドキドキ堪能する!オーストラリアの荒野、数千頭の牛を地上スレスレで追うヘリカウボーイ!信州の山奥、巨大な鉄塔の上、1本の電線にまたがり作業するラインマン!世界有数の雷多発地で稲妻を追跡するクレイジーな男!京都の銘木、北山杉を守る謎の猿飛職人!ショッキングな現場を生で目撃!


『ウソでしょ…』『もう無理…』『死にそうです…』
この番組のロケ現場でつぶやく言葉ベスト3が、これらのワード!
2019年に放送した第1弾では、私が大の高所恐怖症なため、超高所で作業する巨大橋の職人の取材に大苦戦!高さ168メートルの頂上に命綱なしで立った時には、恐怖のあまり足がすくみ、立つことができず、『死にそうです』の一言が!現地のアメリカ人から「日本から来た小心者!」と、からかわれ、イジられ続けるハメに…。さらに、巨大氷山を追いかけるハンターの取材では、タイタニックも沈んだ荒れ狂う海でさまようことになり、連日船酔いで苦しめられ、『もう無理』の一言が!しまいには、ロストバゲージに遭い、すべての荷物を失い、『ウソでしょ!』と嘆くことに…。2020年に放送した第2弾では、ヒマラヤの奥地で獰猛なハチが数千匹襲いかかってくる壮絶な環境下で長期間過ごすことになり、本当に死にそうになりました。無残なほどのディレクターの死に顔が功を奏したのか、第1弾、第2弾ともに高視聴率を叩き出し、めでたく第3弾の放送となりました。今回、命がけで迫ったのは、こちらの写真に描かれている世界です。案の定、ロケ現場でつぶやいたのは、この言葉でした…『ウソでしょ、もう無理、死にそうです!』
(佐藤宗明)


【語り】小田切千


《30分版放送のお知らせ》
「稲妻ハンター&北山杉」 NHK BS4K 2021年5月5日(水)22:29~23:00
世界有数の雷多発地帯、オーストラリアの沿岸の町で出会ったのは、稲妻を追いかけるクレイジーな男。命がけで雷に超接近、いったいそのワケとは!そして京都では、銘木の北山杉を守る職人に密着!命綱もなしに猿のように木から木へ飛び移りながら仕事する、驚きのスゴ技とは!

「ヘリカウボーイ」NHK BSプレミアム 2021年5月18日(火)17:35~18:05
世界有数の酪農国、オーストラリアの荒野で出会ったのは、上空からヘリコプターを操縦して千頭の牛の群れを追うヘリカウボーイ。牛を牧草地に誘導するため、地上スレスレに急降下。少しでも操縦を誤れば即墜落に!家族の暮らしを守るため危険なヘリカウボーイに挑むタフガイに密着!

「ラインマン」 NHK BSプレミアム/BS4K 2021年5月26日(水)22:31~23:00
『驚くべき仕事ぶり』と『壮大な絶景』をハラハラドキドキ堪能する!信州の山奥で出会ったのは、高さ30メートルの巨大な鉄塔の上で、幅わずか3センチの電線にまたがって工事にあたるラインマン!マイナス5度の極寒、揺れと寒さが男たちの体力をむしばんでいく。日本のライフラインを守り続ける職人集団の超スリリングな現場を小型カメラで超潜入!

《再放送のお知らせ》
NHK BS4K 2021年6月13日(日)12:00~13:29
NHK BS4K 2021年6月27日(日)12:00~13:29
「ヘリカウボーイ」
NHK BSプレミアム 2021年9月20日(日)16:51~17:20
「稲妻ハンター&北山杉」
NHK BSプレ三アム 2021年10月14日(木)19:00~19:29

ディレクター

佐藤宗明

AD

紋谷 輝

リサーチ

田中イデア

海外デスク

石原好子

プロデューサー

関根聖一郎