ズームバック×オチアイ 2021年5月

ズームバック×オチアイ

我らが編集長オチアイ(落合陽一)はとても多忙です。週一回しかお風呂に入れないのだとか…。その頻度は飼い猫のトラ彦と同じです。

そんな編集長ほどではないものの、ズームバックオチアイ編集部もなかなか多忙です。
オチアイ邸と編集室をつなぐリモート収録が毎週続く。
試写と直しを繰り返す怒涛の日々が同時進行。
時事を扱う番組だから、と鮮度を落とさぬための過密スケジュール。

金曜夜、テレビから流れる「ズームバックオチアイ、また次回(by池田アナ)」の声が、灰になりかけた次回担当Dの尻を叩きます。 レギュラー番組を作るとは、こういうことであったか…。 全ての回の進行具合を共有しては、チームADも震え上がる日々です。

この番組の魅力の一つは、NHKアーカイブスから引っ張り出してきた“香ばしい”映像です。本当にすごい。掘っても掘っても尽きることはありません。朝から晩までアーカイブスを掘り返して、やっとの思いで持ち帰った過去映像も、試写の度に大改編が起こり、無きものに。折れそうな心をギリギリつなぎとめて、ADはまた新たな宝物を求めてNHKへと向かうのでした。最後の最後まで妥協しないという気概が、番組の面白さに比例するのなら、たいそう面白い番組に違いありません。

ADとして関わった「大衆論」が放送されます。「普通は切り込みづらいテーマに果敢に切り込んでいく良い番組ですねェ」と編集長オチアイに言わしめただけあって、見ごたえあるものになったんじゃないでしょうか。30分という決して長くはない時間ですが、膨大な回り道の果てにたどり着いた、密度の濃い30分です。ぜひご覧ください。

先輩Dたちの後を追って、今度はDとしてズームバックオチアイを作ります(放送は来月)。うんうん唸りながら、編集長オチアイと対峙すべく作戦を練っています。予定調和は敵。忖度は無駄。良いアイデアは必ずメモれない体勢の時に思いつく(特にシャンプー中とか)。だからきっと、お風呂には入ったほうが良いんですヨ、編集長。お会いできる日が怖くもあり楽しみでもあり…。苦しいことはいっぱいあって、でもやっぱり「考えることを途中放棄しなければ、本当に面白いと思うものが作れる」というのは幸せなことだと思っています。
(山内理実)

シリーズ「大回復」第6回 大衆論
Eテレ 5月7日(金)22:00~22:29
ディレクター 三好雅信
取材     山内理実

番組ホームページはこちら

2021年5月のラインナップ

7日 第6回 大衆論
14日 第7回
21日 第8回

編集長

落合陽一(筑波大学准教授)

編集部

阿部修英 大西隼 岡本拓也 奥田円 黒住聡丈 小林直希 高村安以 谷本庄平 中川奈津子 中村佑子 西村勝浩 三好雅信
山内理実(テレビマンユニオン)

磯田美菜 河瀬大作 小山靖史 竹之内優子(NHKエンタープライズ)
嘉悦登(NHK)